賃貸アパートで楽器を演奏するコツ

賃貸アパートで楽器を演奏するコツ

賃貸アパートで、ピアノやギターなどの楽器を演奏してしまうと、近所に住んでいる人の迷惑になってしまうため、契約で楽器の演奏を禁止していることが多いでしょう。
防音性能を高めた専用の賃貸アパートなどもあり、そういった物件であれば、音の問題はクリアーできますが、一般的な賃貸物件の場合には、隣接している住戸を借りている人に騒音を与えてしまうこととなります。
近所の人に迷惑を掛けないように演奏するには、音が漏れないように工夫をすることが必要となります。
電子ピアノなどの場合、ヘッドフォンを付けて演奏をすることで、外部に音が漏れないので、近隣に迷惑をかけてしまうこともないでしょう。
エレキギターや電子ドラムなどもヘッドフォンを活用して演奏をすることが可能です。
トランペットなどでも音が極力出ないようにすることができる器具などを取りつけることで、近隣に迷惑にならないように演奏をすることができます。
最近はいろいろな楽器で、賃貸アパートなどでも演奏できるように配慮しているものが増えています。

女性一人で賃貸アパートに住む際にできる防犯対策

女性一人で賃貸アパートに住む際に出来る防犯対策は、大きく分けて3つあります。
まずは賃貸住宅に入居したら、大家さんに頼んで、鍵をつけかえさせてもらう事です。
その物件に以前どなたが住んでいたか分かりませんし、合いカギが存在する可能性があるからです。
その際、鍵は2つ以上つけて置くと安心です。
勝手に行わず必ず管理会社か大家さんに一声かけてから行いましょう。
洗濯物に男物を混ぜて干す、玄関先に男性物の靴などを置いておくというのも良いでしょう。
最近は外に洗濯物を干す事はまれかもしれませんが、Tシャツや靴下、ボクサーパンツなどを織り交ぜてご自分のトップスなどを干すのは効果的です。
そして、心当たりのない電話やインターフォンには絶対に出ない事です。
インターネットでショッピングをした場合は時間指定を必ずしましょう。
その時間帯に押されたインターフォンならおそらく宅急便だとわかるので大丈夫ですが、それ以外、約束がない限りは出ないのが無難です。