賃貸の家賃の交渉術とその他の交渉

賃貸の家賃の交渉術とその他の交渉

賃貸を不動産で選ぶ時、ほとんどの人が不動産会社で表示されている家賃の値段のまま契約をすることがほとんどです。
しかし賃貸物件でも家賃の値下げを交渉することはできないわけではありません。
もちろん必ず値下げをしてもらえるわけではありませんが、不動産会社からオーナーにお伺いをしてもらうことは可能です。
賃貸の家賃の交渉をする時のポイントは、その物件がどのようなものなのかを知っておく必要があります。
当然ですが人気のある物件は何もしなくても次々に借り手が現れるので値下げする必要はありません。
しかし空室になってから数カ月たっている物件は、早く次の借り手を見つけたいという思いから、値下げしてもらえる可能性があるのです。
また春先など引越しシーズンは人の出入りも激しいので値下げの交渉は難しい時期だといえます。
その他のポイントとしては、家賃ではなく供益金の方が値下げをしてもらえる可能性もあります。
まずはいうだけいってみるというのが大切です。

賃貸の家賃の交渉術が通用する理由

不動産賃貸か売買で迷っている方も多いかと思いますが、今回は一つテクニックを教えたいと思います。
お部屋探しをする上での条件として皆さんが気にされることといえば、立地、設備、周辺の環境、アクセスなど様々理由があるかと思いますが、特に重視するのは家賃面だったりしませんか? そこで今回は賃貸の家賃や初期費用を抑えるテクニックを皆さんに教えたいと思います。
お部屋探しをする時期がキーポイントになります。
どうしても2月から3月頃になると配属部署の異動や新入生が入学、卒業があるためお部屋の動きが多くなります。
そうすると、お部屋探しをする人の需要が多くきになる物件があったらすぐなくなってしまいます。
そのため、オーナー様は基本的に家賃を下げなくても収益をあげることができます。
引越し業者も同様で時期によってかなり料金の差がでてきます。
つまり家賃や初期費用を抑えたいという方は時期を見計らって交渉してみてください。
オーナー様は早くでも入居してもらい収益を得たいはずなので多少安くしてでも入居させたいはずです。